強迫性障害

神経症とは

神経症は、心に関する代表的な病気であり、以前はノイローゼといわれていました。最近は不安障害ともいわれています。ストレスなどによって神経症を発症すると、不安な状態に陥ってしまい、動悸や頻脈、呼吸困難、パニック発作など様々な症状が現われるようになりますが、幾つかのタイプがあります。

強迫性障害とは

強迫性障害は、ご本人の意思に反して不快な考えが頭に浮かび、その不快な考えや気分を振り払おうとして、同じ行動を繰り返してしまう疾患です。例えば、「自分の手が危険なウイルスで汚染されている」という思い込みが強まり、不安が高まった結果として、何時間も手を洗い続けてしまう方、ドアをきちんと施錠したか心配になり家に戻って確認してしまう方、ラッキーナンバーなどの縁起にこだわってしまう方もいらっしゃいます。これらは一般的にも見られることですが、それがエスカレートして日常生活に支障を来たしてしまう病気が強迫性障害です。

強迫性障害の治療

強迫性障害の治療は、抗不安薬や抗うつ薬などの服用による薬物療法が主となります。

Summary大野クリニックの概要

院長
大野 直規
診療内容
(診療科目)
心療内科・精神科・内科
住所
〒212-0013
川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア西館2F
最寄り駅
JR『川崎駅』より徒歩5分・京浜急行『京急川崎駅』より徒歩3分
TEL
044-556-8602
休診日 木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
※ 再診受付は、平日18:00(土曜日13:00)にて終了致します。
診療時間 日・祝
09:00~13:00
15:00~19:00
© 大野クリニック